■INTRO イントロスケートボード 試乗
イントロスケートボードは、サーフィンの陸上トレーニング用にコンプリートしたスケートボードです。イントロスケートボード最大の特徴は3種類のトラックシステム(スウィング・トラック、スプリング・トラック、ノーマル・トラック)を採用し、組合せを変えることで、乗り手のレベル、目標にあわせた4種類のタイプををラインナップしました。本来、上体のリードと体重をボードに伝え、サーフィンのカービングを練習するにはノーマル・トラックを使用し、大きめで柔らかいウィールを使用したスケートが一番有効だと思いますが、このタイプでボードを切返して平地をスラロームで進んで行くには、かなりの練習量が必要になります。(難しい!)しかし、前トラックが可動式のスウィング・トラックを採用することで、平地でのスラロームの際、簡単にボードの切返しができ、サーフィンのターンに近いライディングが容易にできるようになります。イントロスケートボードが採用したスウィング・トラックは、いかに最終的にノーマル・トラックでライディングできるためのいわば導入機種なので、その振り角もあえて余り大きなものを採用していません。(あまり前トラックが動きすぎても、その柔らかさに癖がついてしまい、自分で体重移動してのターンの切返しの練習にならないと考えたため)全てのイントロスケートボードデッキにカナディアン・メープルウッドを採用、3種類のトラックを組み合わせ、シンプルなデザイン、そして練習用としてお求め安い価格帯を設定しました。スタイルに合ったイントロスケートボードをお選びください!

【 FRONT SYSTEM 】
◆SWING TRUCK/155(スウィング トラック)
◆ヘッドが左右にスウィングする事で、大きな傾斜角を生み「Rail to Rail」の切返しが容易になり、サーフィンのターンに近い倒しこみが簡単にできます。
【 REAR SYSTEM 】
◆SEISMIC30R /155(スプリング トラック)
◆サスペンションにコイルスプリングを搭載し、スプリングの反発力が逆レールの切返しのレスポンスを格段に早め、その反動が次のターンのきっかけとなる。(スプリングの強さもカスタムできます。)
【 REAR SYSTEM 】
◆ノーマルトラック ボード後ろ側にノーマルトラックを装着するタイプです。カバー、グラビティーなどと同じタイプです。

INTRO GTS (今回試乗したモデル
全長 86センチ(34インチ)、フロントトラック スウィングトラック、リアトラック スプリングトラック、
 ウイールベース 23センチ、トラックベース 48センチ



■INTRO GTSを試乗した感想
 フロントのスウィングトラックはほとんどカバートラックと同じ感じだとおもいます。
 リアトラックにスプリングトラックを使用していますのでリア側の反動もありスムーズに滑り出し、すこしフワフワとした感じ
 サーフィンで小波をライディングしている感覚です。波の感覚に一番近いタイプだと思います。
 トラックベースが若干狭いですが、その分、板の回転性は抜群です。とにかくおもしろいタイプですよ!
 ボードの滑り出し、ターンのキレなど、他のメーカーでは味わえない感覚がINTRO GTSタイプにはあります!!
 INTROは初心者からクロウトまで利用できるオールマイティータイプだと思います。 
 これからサーフスケートを始められる方に是非お勧めのブランドです。壊れた際の部品供給も大丈夫だと思われます。
■INTRO SURFSKATE

◆スケート動画 from YOU TUBE

いろいろな情報

各種パーツ(カスタム用)

■トラック交換
■ウイール交換
■ベアリング交換


BLOG紹介

*CARVER
*GURAVITY
*SMOOTHSTAR
*INTRO

各種パーツ取り付け説明

■各種パーツの取り付け方法などを紹介しています。

サポート(カスタム、修理)

サーフスケートをカスタム
あなたのボードを自分好みの
スタイルにカスタム!
修理、パーツ交換などを行います。(郵送になります。)











カバーVSグラビティー

お奨めランキング

第1位

グラビティーサーフスケート

第2位
カバーサーフスケート

第3位
イントロサーフスケート

第4位
スムーススターサーフスケート

第5位


第6位
セクター9サーフスケート