■スケートボード各パーツ紹介

■DECK (デッキ)
sk8のボード(板)の事をデッキといいます。デッキには足をおくデッキテープを貼る面とボトム面
(トラック&ウィールが装着される面)で形成されており、各メーカーでボトム面に様々なグラフィックが描かれています。

■GRIP TAPE (グリップテープ)
グリップテープは「デッキテープ」とも呼ばれ、デッキ上面に貼りシューズが滑らないようにするためのものです。
ただ、現在ではどこのメーカーのテープも品質が高くなって来ており、どちらかと言えば消耗品ですので、それほどこだわる必要はありません。

■HARD WARE (ハードウェア)
トラックとデッキを固定するのに必要なボルト(ビス)です。
ボルトのヘッドは大きく分けてプラスドライバーなどで締められる「+型」と、「6角(ヘキサ)型」があります。
どちらかというと6角(ヘキサ)型のハードウェアの方が、ビスのヘッド部分がなめにくく、微妙な締め付けや、トルクを調整しやすいという点でオススメです。

■BEARING (ベアリング)
ベアリングはウィールをよりスムーズに回転させるために必要なパーツです。ウィール1個に対してベアリング2個必要となり、スケートボード1台で合計8個のベアリング必要になります。
安いベアリングを選んで品質が落ちたら何度も買い換えるスケーターもいれば、耐久性が高く、どちらかというと値段も高めのベアリングを購入し、まめにメンテナンスをしながら長期間使用するスケーターなど、選び方は様々です。
また、ベアリングは工業規格で決められている「abec3」、「abec7」といった数字が表記されており、数字が高いほど、スムーズに回転し値段も高くなります。

ちなみに、ベアリングには表と裏があり基本的に中に入っている「玉」が見える部分が「裏」でシールなどで覆われている部分が「表」となります。

実際にウィールに組み込む際には、玉が見えている部分がウィールの「内側」になるようにしましょう。
※ベアリングによっては、両方覆われていてどちらが裏か表か判断できないものもありますが、その場合はどちらをウィールの内側にはめこんでも問題ありません。
■WHEEL (ウィール)
sk8で使用するタイヤの事をウィール(WHEEL)と言います。
デッキに装着する前輪・後輪部分で計4個必要になり、ショップでは基本的にこの計4個で1セットとして販売されています。
ウィールの大きさ(サイズ)は直径で「mm」、そして硬さは数値「(A)又は(a)」で表記されていて、硬さ表記では、数字が大きくなればなるほど硬いウィールということになります。例)100aよりは98aのウィールが柔らかいウィール
選ぶ目安として、
★柔らかめのウィールは乗り心地がスムーズで多少粗い路面でも乗りこなせるので初心者向き。
★硬いウィールは路面の良い場所ではスピードが出やすく、またスケートパークなどですべるさいにオススメ。

■TRUCK (トラック)
トラックはデッキとウィールを繋ぐ役割をはたし、尚且つターンに欠かせない重要なパーツです。
スケートボードの前輪・後輪で計2個必要でデッキのウェスト(幅)の大きさでトラックサイズが違ってきます。

■BUCH (ブッシュ)
ブッシュとはトラックに付いているゴムの部分の事で、トリック(技)の成功率を高める上でもトラック部分をより安定させる必要がありますので消耗品となります。定期的に交換することでかなり乗り味が変わりますよ。

■RISER PADS (ライザーパット)
ライザーパッドとはデッキとトラックの間に入れ、高さを調節するためのパーツです。
基本的に52〜55mm程度のウィールを使用するストリートスケートでは、必要としないパーツですが大き目のウィールを使用する際や、スケートパークで遊ぶ際などには、このライザーパッドでデッキの高さを調節するのもオススメです。



いろいろな情報

各種パーツ(カスタム用)

■トラック交換
■ウイール交換
■ベアリング交換

BLOG紹介

*CARVER
*GURAVITY
*SMOOTHSTAR
*INTRO

各種パーツ取り付け説明

■各種パーツの取り付け方法などを紹介しています。

サポート(カスタム、修理)

サーフスケートをカスタム
あなたのボードを自分好みの
スタイルにカスタム!
修理、パーツ交換などを行います。(郵送になります。)











カバーVSグラビティー

お奨めランキング

第1位

グラビティーサーフスケート

第2位
カバーサーフスケート

第3位
イントロサーフスケート

第4位
スムーススターサーフスケート

第5位


第6位
セクター9サーフスケート